商品を検索する

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

営業カレンダー

2017年6月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

※赤字は休業日です

釉薬について

■釉薬(ゆうやく)■

従来釉薬は木灰を使用していますが、これは昔陶器を作る時、柴/薪で焼いていた際、偶然その灰が土器の表面に附着して光沢を生じ、その為吸水しない事がわかってから釉薬に灰を混入するようになりました。その後、くす灰・楢灰・雑木灰・わら灰等々が使われていましたが、明治時代頃から天草石、陶石類が使われるようになりました。

■志野釉■

陶器全般に中国や朝鮮からわたってきた中で、“志野”は日本で生まれている。 色々な説があるが、利休時代以降に完成されたと言うのが妥当であろう。 他の釉薬が色々な原料を混ぜて調合するが、「志野釉」は純粋な「長石」だけを施釉する。不透明な乳白色をしており、特別濃厚に施され、器全体に貫入(かんにゅう)亀裂があり、茶渋などが入りやすく使用前と後ではまったく変わってしまう。 この為に、お茶人には特に喜ばれたようである。種類としては、「絵志野」「無地志野」「赤志野」「紅志野」「鼠志野」などがある。 ご使用の前には、注意事項をお読みになりご使用ください。

  • 茶渋のついた志野釉ペリカン急須
  • 茶渋のついた志野釉ペリカン急須

■南蛮釉■

  • 南蛮ペリカン急須®

素焼き(700℃~900℃で焼いたもの)とよく間違えられますが、鉄分を多く含んだ粘土を無釉で高温(1000℃~1250℃)で焼成すると、中の鉄分が溶け、石のようになることから、「炻器」と言われる。肌色は自然の粘土で、不揃いで色目は一定しません。焼成温度によっても色目が異なります。昔から水を入れる「瓶」や「壺」に多く用いられた。 「南蛮」とは元々茶人、道具屋仲間の慣用語で、明治以前は外国、特に南方方面からの輸入品を指した名称であった。

当窯の「南蛮釉」は赤土粘土で製造し、その上に薄い「鉄釉」を施釉しています。

■均窯(鈞窯)・月白釉■

  • 均窯マグカップ

「キンヨウ」「ゲッパクユウ」と読みます。中国江南省萬州(宋元時代1000~1400年の鈞州)で焼かれたものの総称で、時代により「宋鈞窯」「元鈞窯」と呼ばれています。
中でも宋時代の物が最も美しく、青い濁釉で月白釉や天藍釉と称され、紅斑のあるものもあり、古来中国では高貴な焼き物として、珍重されていましたが、わが国ではあまり好まれないらしく、この釉薬を研究する人が少ないようです。
月白釉・天藍釉とも空の色を指しており、月が山から出てくる少し前、空が青白くなる様を月白という所から、取った名称です。

■焼〆■

  • 焼〆皿

登り窯で焼成した時に、自然に薪の灰が降ったような感じに仕上がるように、釉薬を薄く吹きつけています。鉄分を多く含んだ釉薬を霧吹きで薄く吹きつけることにより、濃淡がでます。肌色は一つ一つ霧吹きでかけていますので、不揃いで色目は一定しません。焼成温度によっても色目が異なります。

  • 焼〆釉かけ
  • 焼〆釉かけ

■ワラ灰釉■

まさしく「わら」を灰にして、調合した釉薬です。わらの灰は、毎年変化しますので、一定しません。
「焼〆」と同じように霧吹きで吹きかけたり、器全体をつけて施釉します。
霧吹きで吹きかけると「焼〆」によく似ていますが、少し光沢があります。よく掻き混ぜないと沈殿します。

  • ワラ灰釉
  • ワラ灰釉大皿

■白磁(白瓷)■

中国の六朝時代に純白の磁器が作られていますが、青磁とともに東洋独自のものです

■青磁(青瓷)■

白磁と同じく中国の六朝時代に作られ、我国では平安時代に伝来しました。鉄を着色剤として還元焼成した時に青緑又は淡黄色になります。
我国では青磁を大別して砧(きぬた)青磁・天竜寺青磁と七官青磁といわれるものがあります。砧は別に雨過天睛ともいい、雨上がりの空のような青色のもので、天竜寺は遠い連山の翠色、また七官青磁は緑黄色がかかったもので貫入のあるものを言います。

■結晶釉■

肉眼でよく見ますと結晶の有る釉で、これには亜鉛結晶、チタン、マンガン結晶等があります。

■るり釉■

釉薬の成分はコバルトやマンガン等で褐色です。チタニウムを含んだものは黄褐色をしています。

■辰砂釉■

中国の宋・明時代に作られたもので、銅を着色剤とし、還元焼成した鮮紅色の釉薬です。

■マット釉■

釉薬の中にカオリンのような熔けにくいものを多く入れたもので、光沢を消すので艶消釉とも言われています

■呉須■

釉薬として用いる藍色顔料で、中国の浙江省・雲南省・広東省に産出される黒褐色の鉱物です。その成分はコバルト・カリのほかに少量の鉄・マンガン等を含んでいます。染付けはこの呉須で描いた上に無色釉を掛けたもので、中国では青花と言われています。

  • 掘り出し物 数量限定のお買得商品
  • 商標登録について
  • ギフトラッピングを承ります
このページの先頭へ

ショッピングガイド ご注文前に必ずお読みください。

作品につきましては、心をこめてひとつひとつ手作業で制作しております。サイズ・形・色合いなどはご覧いただいているモニター画像とは微妙に違います。
天然の原料を使っておりますので、加減により毎回少しずつ異なります。そこが手づくり陶器の風合いでもあり、魅力となります。また永くご使用いただきますと風合いも変わってきます事は陶器の特性として、予めご理解の上、ご購入下さい。
記念品やお引き出物など、オリジナルの作品のご注文も承っております。また卸売りなどのご相談も承ります。

実店舗での販売とネットショップで並行販売をしております。ネットショップでは在庫商品を掲載しておりますが、実店舗や卸売で販売する為、欠品になる場合もあります。予めご了承くださいませ。その場合はメールにてお知らせ致します。

お問い合わせ
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
配達などで出かける事がありますので
出来ればメールでお問い合せ下さい。
お電話でのお問い合わせ
075-721-3770
受付時間:10:00~17:00
おトクなポイント会員
お買い物の金額により10%(通常商品)のポイントがつきます。次回のお買い物よりポイントを使って楽しくお買い物♪
お買いもののついでに、是非ご登録ください。
1ポイント=1円
ポイントについて
お支払い方法
代金引換、各種クレジット、銀行振込、郵便振替をご用意しております。以前にご注文頂き実績がある2回目以降のお客様、又は認証させて頂いたお客様に関しましては、代金後払に変更して頂く事があります。その場合は、メールにてお知らせ致します。
お支払い方法について
配送・送料
商品通常ゆうパックの代引きにて配送させて頂きます。送料は地域により異なります。商品税込み合計が10,000円以上お買い上げでお届け先1ヶ所送料無料!代引き手数料は弊社負担になっております。但し代金合計が3,000円以下の場合は振込手数料(130円)と代引き手数料(260円)を別途請求させて頂きます。
配送・送料について